柔軟かつ機動的な取引が可能な1000通貨取引

FX取引で今注目の『1000通貨単位』。少ない資金で、最悪の損失も最小に抑えられるということで、FX取引を始めたい方々の足がかりとして特に脚光を浴びています。

実はこの『1000通貨単位』ですが、ある程度FX取引の知識を深めた方にも柔軟で機動的な取り引きができると注目を浴び始めています。というのは、最小の取り引き可能単位が1000通貨なわけですから、迷ったときのリスクヘッジとして分散して利益確定を行えるのです。

わかりにくいのでひとつ例を出してみます。

例えばあなたが一般的な1万通貨単位でFX取引に挑戦しているとします。米ドルが83円になると予想して、82円で買ったもののポジションが82円50銭になっています。

しかし、テクニカルチャートや新聞の時事の情報など様々な角度から分析した結果、82円50銭がピークではないかという予想も脳裏を横切っています。しかし、もしかしたら最初の予測の83円まで届く可能性も捨て切れません。FX取引に限らず金融商品全般に言えることは利益を出してこその勝ちです。ですので、下手な賭けには出られません。当初は1円の利益を狙っていましたが、五分五分で上がるか下がるかが微妙な状態です。

というわけで、この82円50銭でひとつの決断をしなければならなくなりました。

こんなときに2単位以上を買っていれば、半分は利益確定、半分は継続という選択肢があります。つまり、1ドル当たり50銭の儲けで利益を確定しておき、残りの半分は当初の目標通り1ドル当たり1円の儲けを狙います。万が一レートが下がり始めたとしても買値で損切りをすることで残りの半分のプラマイゼロとすでに利益確定した分で、大きな利益も出ませんでしたが少なくとも損はしなかったでしょう。

このように様々なテクニックで損失が出ないようにポジションを管理するものFX取引の基本ですが、これが『1000通貨単位』であると、なお機動力が高まります。つまり、先の例で言うと、通常の1万単位で1万ドル分を買ったとしても半分利確・半分継続というテクニックは使えません。なぜなら1単位だけだからです。この場合では2万ドル分を持って初めてこのテクニックが使えます。もし『1000通貨単位』であれば最低で2000ドル分から半分ずつに分けられます。もしこれが1万通貨単位と同じ2万ドル分を持ったとしたら、1000単位でポジションを決められるのです。

よって、『1000通貨単位』は柔軟であり機動的な取り引きが可能になるというわけです。

FX1000通貨単位取引を取り扱っているFX業者ランキング

多くのFX会社では1万通貨単位での取引がメインで、現状1000通貨から取引が可能なFX業者は限られてきます。FXは1万通貨単位の取引が当たり前と思っている方も数多くいらっしゃるのではないでしょうか?株式投資にもミニ株があるように、FXも1000通貨単位からのミニで始められるようになっているのです。

マネーパートナーズ
FXサービスで高い評判!人気・実力ともにナンバーワン!
これからFXを始めたいと思っている方は、マネーパートナーズの口座を持っておけば間違いなし!圧倒的な約定力と取引環境で取引に集中する事が可能!初心者から本格派の方まで、おすすめできる人気No.1業者です!
マネックスFX
人気ツール“マネックスJoo”
約定率は何と99.999%!ダウンしないシステムで相場が大きく動く時も安定した発注が可能です!
FXプライム byGMO
強靭な取引システムを構築!
安定した取引システムで業界トップクラスの強靭なシステムを常時維持!
FXブロードネット
中・上級者から愛用されるシステム!
低スプレッドかつ、独特な取引ツールが上級者から支持されています!
サイバーエージェントFX
プロ並みの高機能取引システム!
秀逸取引システム『Cymo NEXT』が勝利へと導く!iPhoneやAndroid携帯からの取引もできる!
FXCMジャパン
iPhone×1000通貨で人気!
今人気の取引方法はFXCM・iPhoneアプリでの1000通貨取引です!

>> 掲載全FX会社の人気ランキング一覧ページ

最新人気ランキング