高いリスクがある1万通貨取引。

FX取引をこれから始めたい方には『1000通貨単位』で取り引きできる業者をお勧めします。現在、一般的には1万通貨単位での取り引き設定の業者が多いのですが、自分で経験とノウハウを蓄積し、知識やテクニックを身につけることで初めてFXトレーダーになれるわけですので、右も左もわからない初心者にはこの単位はリスクが大き過ぎます。

ただでさえハイリスク・ハイリターンの取り引きなのがFXです。勝ち続けることも大切ですが、ときには負け、損失も出してしまうことでしょう。これは個人投資家だけでなく、プロの投資家でも起こることなのです。しかし、負けから原因を学び取り、次の取り引きに活かせればいいわけですから、決して損失も悪いことではありません。ただ、その損失はできるだけ抑えたいのが本音かと思います。そのときにこの『1000通貨単位』は大きなメリットとなるのです。

逆に一般的な1万通貨単位がなぜ高リスクなのでしょうか。ひとつ例を出して説明しましょう。

例えば1ドルを82円で1万単位分、つまり1万ドルを買ったとします。この時点で円建てのポジション総額は82円×1万ドルで82万円です。このポジションが85円と円安になったとします。ご存知のように為替は24時間常に変動しているわけですから、1ドル=82円で購入してもその価値は常に変化しています。このとき1ドル当たりの差額は3円です。そして、1万ドルのポジションの価値が85万円になったわけです。こうなれば3万円の利益です。

逆に79円の円高に振れてしまったとします。そうなると総額が79万円ですから3万円の損失となります。

同じ条件で10万ドルを買っていたらどうなるでしょう。円安では30万円の利益と大きくなりますが、逆に円高で30万円もの損失になってしまいます。利益ならばともかく、損失は痛手です。これだけの金額を取り戻すのは決して容易ではありません。

ですが、『1000通貨単位』での取り引きであればどうでしょう。1000ドル分の買いで、合計でも82000円程度です。同じ条件の円安で3000円の儲けと非常に利益も薄いですが、円高になった場合でも損失がたったの3000円で済むわけです。

このように1万単位での取り引きは大きな利益が期待できる分、損失も大きくなり高リスクとなります。逆に『1000通貨単位』であれば損失は最小に抑えられるので、初心者の方などが実践しながらFXを学んでいくには最適と言えます。

FX1000通貨単位取引を取り扱っているFX業者ランキング

多くのFX会社では1万通貨単位での取引がメインで、現状1000通貨から取引が可能なFX業者は限られてきます。FXは1万通貨単位の取引が当たり前と思っている方も数多くいらっしゃるのではないでしょうか?株式投資にもミニ株があるように、FXも1000通貨単位からのミニで始められるようになっているのです。

マネーパートナーズ
FXサービスで高い評判!人気・実力ともにナンバーワン!
これからFXを始めたいと思っている方は、マネーパートナーズの口座を持っておけば間違いなし!圧倒的な約定力と取引環境で取引に集中する事が可能!初心者から本格派の方まで、おすすめできる人気No.1業者です!
マネックスFX
人気ツール“マネックスJoo”
約定率は何と99.999%!ダウンしないシステムで相場が大きく動く時も安定した発注が可能です!
FXプライム byGMO
強靭な取引システムを構築!
安定した取引システムで業界トップクラスの強靭なシステムを常時維持!
FXブロードネット
中・上級者から愛用されるシステム!
低スプレッドかつ、独特な取引ツールが上級者から支持されています!
サイバーエージェントFX
プロ並みの高機能取引システム!
秀逸取引システム『Cymo NEXT』が勝利へと導く!iPhoneやAndroid携帯からの取引もできる!
FXCMジャパン
iPhone×1000通貨で人気!
今人気の取引方法はFXCM・iPhoneアプリでの1000通貨取引です!

>> 掲載全FX会社の人気ランキング一覧ページ

最新人気ランキング